矯正歯科治療

矯正は、見た目を良くするということも当然ありますが、歯並びの悪さは、美容の問題以外にも不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また、かみ合わせには姿勢や全身状態と密接した関係があり、見た目に良い歯並びでもかみ合わせが悪いと、顎関節症や肩凝り、腰痛などの原因にもなるようです。歯には、力を加えるとその方向に移動する性質があり、その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。

不正咬合が与える影響

  • 歯並びが悪いと歯ブラシが上手くできないために虫歯や歯槽膿漏になりやすく口臭の原因になります。
  • 歯並びが悪いと発音やしゃべり方に悪い影響を与えます。顎のズレによる目まいや頭痛、口が開かないなど。
  • 歯並びが悪いと、見た目が良くないからと劣等感を持ち笑顔に自信が無くなり、精神衛生面でも悪い影響を与えます。
  • 歯並びが悪いと食べ物がよく噛めないために胃や腸などからだ全体に悪い影響を与えます。

MEAW(マルチループワイヤー)

MEAWとは、ループを使って自由に歯を動かすことができるワイヤーのことです。従来の方法では重なっている歯の歯並びを整えるには歯を抜いて残りの歯を移動させていましたが、MEAWを使うと一本も歯を抜かずに矯正治療を行え、治療期間も短く、しかも噛み合わせのバランスまで整えることができます。

これは、ループを使って、歯を一本一本動かすからです。また、従来の前後に動かしてガタガタをとるだけではなく、上下にも動かすことができるので全体のバランスを整えるのに向いています。このため、噛み合わせのバランスも取りやすくなります。

子どものための矯正治療

子どもの矯正治療は、ただ歯を動かすだけではありません。顎の成長が途中の子供の頃から矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールする事が可能になり、キレイに仕上がる・抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。上下の顎の位置がずれることによって起こる受け口などの症状は、乳歯のはえている早い時期からの治療が効果的です。早い時期に矯正を始めると、顎の成長を適切に誘導しながら治療を進めていくことができるので、より永久歯が生えるときに正しい咬み合わせにできる可能性が高くなります。

● 1期治療と2期治療
Q. 1期治療と2期治療の違いは何ですか?
1期治療は不正咬合の軌道修正、2期治療は完璧な永久歯列のための歯列治療です。

一期治療では、土台となっている骨格の問題を解決して、成長の軌道修正をし、思春期成長期に骨格の問題が大きくならないようにします。成長終了後、二期治療(歯並びの仕上げ治療)に入っていくのですが、大きな問題が一期治療で取り除かれているので、より簡単に綺麗な歯並びへ仕上げる事ができるのです。こうして2段階の矯正治療を行うことで、抜歯や外科的強制治療の確立が少なくなります。なかには一期治療だけで治療終了となるケースもあります。

1期治療と2期治療

矯正装置の種類

  • メタルブラケット
    メタルブラケット (最も一般的な金属のブラケット)
    広く一般的に使われているタイプの、金属性矯正装置です。 歯が動きやすくほとんどの症例の治療が可能で、他の装置と比べ比較的低コストでの治療が可能です。
  • プラスチックブラケット
    プラスチックブラケット (目立ちにくく効果大なブラケット)
    ワイヤーは金属ですが、ブラケット部が透明で、歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

▲ページの先頭へ戻る